So-net無料ブログ作成
帰国後のとまどい ブログトップ
前の10件 | -

トイレ付き地下鉄車両 (Metro carriage with lavatory) [帰国後のとまどい]

日本のみならず、世界中の中距離、長距離列車には当然トイレがあります。でも、地下鉄車両にトイレがあるのは日本だけではないでしょうか?

もちろん東京や大阪、名古屋の地下鉄車両にトイレがあるという話は聞いたことがありませんが、九州の福岡市営地下鉄空港線には存在します。福岡市営地下鉄空港線は福岡空港から福岡市の西、姪浜までの路線ですが、姪浜から西唐津までJR九州の筑肥線へ直通運転を行っています。地下鉄車両はJR九州筑肥線に乗り入れていますが途中駅の筑前前原まで。こちらの車両はいたって普通の地下鉄車両。

2000_sha[1].jpg


JR九州の車両は西唐津から地下鉄の福岡空港駅まで乗り入れています。このJR九州の車両(303系)に実はトイレが設置されています。

s-303-1[1].jpg
20100820151127.jpg    20100820151101.jpg


西唐津―福岡空港は約1時間40分。しかも筑肥線はローカル線なので、列車の本数も少なく、途中でトイレのために駅に降りてしまうと、次の列車までかなりの時間を待たなければなりません。確かに車両トイレの必要性はありますね。


The world trains including Japan for the middle or Long distance have lavatory in inside. However, I guess only Japan metro (subway) has carriages with lavatory.

Of course, there is no such kind of carriage with lavatory in Tokyo, Osaka or Nagoya metro system, but it is in Fukuoka City Metro Airport line in Kyushu. The original route of Fukuoka City Metro Airport line is between Fukuoka Airport and Meinohama where is located in west part of Fukuoka city, and it is operated to JR Kyushu Chikuhi line, Nishi-Karatsu station from Meinohama directly. Metro carriages go to JR line directly but it goes only to Chikuzenmaebaru where is in halfway to Nishi-Katatsu. This carriage is very normal metro commuter carriage.

JR Kyushu carriage also goes from Nishi-Karatsu to Airport station of Fukuoka City Metro. This carriage (type 303 series) has a washroom. It takes about 1 hour and 40 minutes from Nishi-Karatsu to Fukuoka Airport. And JR Kyushu Chikuhi line section is just local line, you should wait for next train for long time if you get off the train to go to lavatory in halfway in Chikuhi line. It is necessary to arrange the lavatory even in such kind of commuter.

Then you can see the carriage with lavatory in metro when JR Kyushu type 303 series comes into Fukuoka City Metro line.

nice!(1)  コメント(2) 

勘違いの不愉快(たぶん) [帰国後のとまどい]

先日、福岡に帰っていました。
一泊二日という慌ただしさだったんですが、帰りの福岡→羽田の19:20分発の便でトラブルが。
搭乗が始まる前に、「現在、目的地である羽田空港の管制塔から、羽田付近の空域が混雑しており、当便の福岡離陸を指示があるまで待機するようにという連絡がありました。ご搭乗の皆様には機内に入られました後、しばらくお待ちいただくことになる可能性があります」というアナウンス。

まぁ、搭乗前に言ってくれるから少しは納得するものの、夕方から夜にかけてって羽田も一番混雑する時間帯だとわかっていれば、航空会社や管制局も始めから運行便の時刻表を考えて作ればいいのに、とちょっと不愉快な気分に。

まぁ、実際には10分遅れくらいで飛んだのですが、羽田着陸の時、C滑走路(斜めのやつ)に着陸したので自分なりに理由が理解できました。
普段はターミナルビルを挟んで平行しているA滑走路とB滑走路を使って、離陸と着陸がほぼ同時にできるけど、横風が強くて一本しかないC滑走路だけ使ったら、そりゃ混雑しますわね。
というわけで、自分なりの解説で不愉快なできごとの理由も了解。(←たぶん)

でもね、上海の浦東空港は飛行機に乗ってからプッシュバック(専用車両が飛行機を後ろに押してゲートブリッジから離れる)まで、管制塔の指示待ちで遅れることが多々あります。これも最近の上海空域の混雑で順番待ちがひどいのかもしれないけど、以前浦東→香港のキャセイに乗ったときには、飛行機の中で1時間半待たされました。しかも説明なし。(管制塔からの指示待ちっていう説明はありましたが)
中国のことだから、軍事演習やっちゃっているので、ちょっと離陸は待て、みたいなのかもしれません。以前ロケット飛ばすときもあったしね。


nice!(1)  コメント(2) 

お見かけしました [帰国後のとまどい]

三連休のお休みは、やることが山のようにあったので、東京にいました。

日曜日に散歩を兼ねてCDを探しに銀座へ出かけようと、ワンルームマンションを出て隣のアグネスホテルの横の小さな坂を下りて行ったら、下からゆっくりと上がってくる人が。
どこかでお見かけしたような人だなぁと思っていたら、マ○ックス証券の松本大社長でした。カジュアルな服装でしたが、お顔はちょっとお疲れぎみとお見受けしました。

あそこらへんに住んでいらっしゃるのか、それともアグネスホテルにお茶でもしにいらっしゃったのか。

経営者はみんな大変ですねぇ。自分もその端くれなので、松本社長のご苦労はお察しします。

nice!(1)  コメント(2) 

午前様 [帰国後のとまどい]

たった今、神楽坂の自宅に着きました。

昨日の朝、羽田から上海経由で南通へ一泊二日の出張。
本日の午前中も南通でいろいろと打合せや交渉があったので、安全をみて帰りは上海浦東空港から成田行きの中国東方航空最終便。
午後5時10分上海発で成田には8時半頃の到着予定。

自宅着はちょっと遅くなっちゃうなー、と思いつつ浦東空港へ行くと案の定チェックインの時に「やや遅れています」。
後で知ったのですが、この便は北京→上海→成田なんですね。だから北京の出発が遅れると、上海の出発も遅れる。

ということで、結局上海浦東空港を飛び立ったのは午後7時。成田へ着くのは必然的に遅くなります。着陸は午後9時50分。
預けた荷物はなかったので、通関は比較的スムースだったのですが、税関から出て来た時にはすでに午後10時30分。まぁ、成田エクスプレスは期待できないなぁ、と思い、電光掲示板を見ると「本日のJR線はすべて終了しました」。

ナニー!? 快速電車もないのかー!?
リムジンバスは??? 午後11時発箱崎行き。箱崎に着かれてもねぇ......。

ということで、京成電車の最終上野行き通勤特急、成田第二ターミナル午後10時43分発。これでトロトロと日暮里へ。日暮里着午後11時54分。
山手線に乗り換えて、秋葉原で総武線に乗り換えて(すでにお茶の水行きのみ)、お茶の水で中央線各駅停車に乗り換えて、飯田橋に着いたのが午前0時20分。

いやー、中国東方航空おそるべし。

疲れたー。

nice!(1)  コメント(2) 

もう慣れたというか......... [帰国後のとまどい]

あけましておめでとうございます。

無錫に住んでいた時には、中国では正月は元旦のみのお休みなので、中国でお正月を迎えていました。そのかわり春節(旧正月)は1週間ほど休みがありましたが。

日本に帰って来て、香港や東莞などに長期出張していた昨年は少しだけ帰国して女房のいる福岡で過ごしましたが、移動は結構大変でした。

今年は上海、南通、香港、東莞といろいろ出張していますが、相手が中国なので、お正月もあまり関係ありません。ということで、今年のお正月の日程は中国側の事情もあってなかなか決まりませんでした。なんとか12月29日〜1月3日が休めそうだとわかったのが12月20頃。
この頃には東京⇔福岡の飛行機なんか全然席がありません。なにせ東京→福岡が12月29日、福岡→東京が1月3日じゃあ、一番混むときを狙っているようなものですからね。

ということで、残るは新幹線。もちろんこちらも指定席はいっぱい。グリーン席だっていっぱいです。1月28日に東京駅のみどりの窓口で聞いてみても、当然全滅。
以前2度ほど実行したことのある、東京⇔博多の「のぞみ」自由席を購入しました。値段は乗車券の往復割引があるので、約4万5千円ほど。航空券の場合、この時期だと東京ー福岡の片道が3万9千円なので、かなりの割安です。
といっても自由席。席が確保されているわけではありません。12月29日は午前8時頃東京駅へ行って、狙いを付けた「のぞみ」のホームへ。東京駅の東海道新幹線ホームはいっぱいあって、「のぞみ」は「のぞみ」でも、次の「のぞみ」も同じホームから出発するとは限りません。だから、9時頃に出る「のぞみ」のホームに行って、前もって並んでいるわけです。8時、8時半頃出発の「のぞみ」は別のホームから出ても全然気にしない。
ということで、2本の「のぞみ」を見送った後乗った臨時の便ではちゃんと座れました。ここから約5時間20分の旅。iPodと文庫本のおかげで問題なく博多着。

1月3日の帰りは少しだけ楽。この日は一番の混雑ですが、博多の新幹線ホームは「のぞみ」の出発がほぼ同じホームです。だから列の後ろの方に並んでいて、2本くらい見送ればちゃんと座れる列車が来ます。
ただ、小倉、新山口、広島、岡山と進んで行くうちに自由席車両は通路まで大混雑。もちろんトイレに行くのも一苦労。新大阪で少しは空くかと思ったら、さらに混んできました。しかも小田原付近で急停車。列車の非常ブザーが押されたのが原因だと。いたずらなのか何か問題が起きたのか。それはともかく10分遅れで出発。東京駅も新幹線ホームは臨時便も次から次へと到着するので、後から来る新幹線が到着するホームがなかなか空かないのか、有楽町付近でしばらく止まっていました。
本来なら5時間ちょっとで着くはずが、約30分遅れ。

いや〜、正月早々おつかれさまでした。
でも、新幹線の旅もなかなかいいですよ。

nice!(1)  コメント(2) 

お休み終了 [帰国後のとまどい]

9月10日から16日まで博多にいました。

実は女房が大阪の友人とサンフランシスコ、ヨセミテ旅行。
大阪の友人もお母様の介護で忙しいのですが、ご兄弟にお世話をお願いして1週間のお休みがとれたとのこと。この機会だから、十分楽しんでおいで、と二人を送り出して、私は博多で猫とお留守番。

私は私でゆっくりできました。13日の日曜日は久しぶりに太宰府まで行ってきました。
ついでと言ってはなんですが、太宰府にある美術館に来ている「阿修羅像」を見に行こうかと思ったら、西鉄太宰府駅の放送が「現在、入館待ち時間は約3時間です」。
まぁ、20年前の大阪勤務のときに奈良の興福寺にはときどき会いに行ったので、今回はちょっとあきらめましょう。

福岡での知り合いは少なくなってしまったのですが、それでも何人か残っているから、連絡してみようと思って、行きつけのダイニングバーへ行ったら美人バーテンダーさんが「いゃ〜、久しぶりですねー」とお迎えしてくれました。彼女はプロのバーテンダーで、シングルモルトウィスキーの専門家。私のウィスキーの先生です。で、そのまま他の2人のお客さんと彼女と午前3時まで酒を飲みながら楽しいお話。

16日午前中に東京へ帰って夕方は会社へ。そして17日から香港、東莞に出張に来ています。これから上海、南通へ。
香港と東莞でもやっかいな仕事をやっているのですが、上海と南通におけるややこしい仕事も押し付けられてしまいました。どうなることやら..............。


nice!(1)  コメント(4) 

病気 [帰国後のとまどい]

病気になりました。

まぁ、トシをとってくると身体のあちこちが悪くなってくるのはしょうがないのですが、今回は皮膚病。
今まで不摂生ばかりの生活だったので内臓系の病気はありうるのですが、皮膚病は初めて。
病名は「帯状疱疹」。

この病気は結構恐ろしくて、おなかにできた場合は疱疹がおなかを一周すると命が危ないとか。私の場合は背中の右肩甲骨のあたりと右上腕裏側にできました。初めは背中がなんとなくかゆいなー、と思ってかくと、どこがかゆいのかわからず。別に湿疹ができているわけでもなく。今から考えると皮膚の内側に問題があったようです。

先週ワンルームマンションへ帰ってきて、背中にやや痛みを感じたので鏡で見てみると赤いものが。そのときに右上腕裏側も見えて、こちらは5cmほどの帯状の赤いぶつぶつ。あきらかに帯状疱疹です。
帯状疱疹を甘く見ないほうがいいというのは、結婚前に女房が患ったこともあり、わかっていたので、翌朝すぐに近くの東京逓信病院へ。もちろん予約とか紹介状なんか持っていないので、すんごく待たされることを覚悟していたのですが、意外にも1時間程度の待ち時間で診ていただきました。

先生は若くてかわいらしい女医さん。患部を見て、
「あー、帯状疱疹ですねー。この病気は実はウィルス性で、神経に沿って疱疹ができるんですよ。原因は精神的、肉体的ストレスがほとんどですね。この2、3ヶ月の生活状況をお話いただけますか?」

で、今までの生活というか、仕事状況をお話したのですが、先生は問診表を見ながら、
「そんなに無理をしてはいけません。だいたい香港⇔東京の日帰りってなんですか。しかもそれを何回もやっていて、ストレスたまらないほうがおかしいですよ。休暇もほとんどとっていないようですから、お休みしなければ。とりあえず対応策としては入院して、抗ウィルス剤を直接点滴するのが効果的です。1週間くらい入院できますか?」

いやいや、さすがに1週間は入院できませんよー。ちょうど週末なので土日だけで勘弁してください。

ということで、2日間の入院で許してもらって、その間は安静。
その後は薬(飲み薬)をいただいて自宅療養、っていうか出社しちゃっているんですが。

でも背中とか痛い症状が続いていて、結構つらいです。
耐抗性が落ちているので、こういうときにインフルエンザとかかかりやすいから、マスクして出勤してますが、逆に周りからは「ちゅるるさん、新型インフルエンザですか?」と言われるしまつです。




nice!(1)  コメント(6) 

リンゴ、天国へ [帰国後のとまどい]

現在福岡の女房のところにいる猫5匹のうち、19歳になる「リンゴ」の具合が1ヶ月ほど前から悪く、ホルネル症候群で目を患ってから元気がなくなり、最近は食事もせず、水もほとんど飲まず、女性の獣医さんが家まで来てくれて点滴を打ってくれているのでなんとか持っている状態でした。

それでもヨタヨタしながらも女房の枕元で寝ていたり、猫用トイレでおしっこしたり、ちゃんとしていました。獣医さんの話では、人間なら90歳くらいなので、もうある程度覚悟した方がいいと。

女房は小さな紐に"不思議のメダイ"をつけてリンゴにかけてあげて、痛いとか苦しいとかがないように祈っていました。

そして先週の金曜日、最後は、おしっこがしたかったらしく、這って猫用のトイレまで行こうとしたので、トイレの中で逝ってしまうのはあまりにもかわいそうと思って女房が抱っこしてあげると、ちょっと顔を上げて女房の腕の中で静かに息を引き取ったそうです。
最後までお行儀がいい猫でした。

19年前に西宮の小さな公園の藤棚で、ノミだらけになってボーっとしているところを助けてからはずっと健康そのものでした。 瞼が少し下がっているので、いつも困ったような顔に見えていたので、女房は「何をそんなに困っているの?」と聞いていました。

先週土曜日に、女房が博多から宝塚の動物霊苑まで運び、弔ってもらいました。
先に行った「わたろう」と「もも」に再会していることでしょう。

私は今香港にいるので、どうしようもないのですが、8日と9日に博多に帰ってリンゴといっしょに寝られたのがよかったです。

ペットの最期を看取れるのは、飼い主として一番の幸せだと思っています。
自分たちがペットより先にいってしまうわけには行きませんからね。

nice!(0)  コメント(2) 

住んでいる辺り [帰国後のとまどい]

神楽坂通りから一本入った路地。

とてもすてきなレストランが。

こういうところがちょっと好きです。

イタリアン・レストラン
もちろんお店の中でも食べられます。
P1020171.JPG


こんなすてきな日本料理屋さん
実は居酒屋さんなんです。シックでなかなかすてき。
P1020172.JPG


カジュアルなフレンチ・レストラン
P1020177.JPGいつも満員。いい感じですね。


学生街でもあります。
だから、こういう不思議なお店もあります。

昼間はうどん屋さんです。
夜はワインバーに早変わり。
P1020163.JPG


外堀通り沿いの中華料理屋さん。
この餃子は有名。ラーメンはジャンボラーメン。
P1020164.JPG


同じ中華料理屋さん。
大きな餃子と同じ量の餃子。100個だそうです。
左のチャーハンのお米は一升です。
P1020165.JPG


nice!(2)  コメント(4) 

近所 [帰国後のとまどい]

今住んでいる神楽坂のワンルームマンションの近くは、いろいろな名店があります。

P1020155.JPG

この古ぼけたうなぎ屋さんはとっても有名。じつは昔ジョン・レノンとヨーコ・オノも来たそうです。女房から「今度東京に行ったときか、引っ越したあとに連れてって」と言われています。
まだ食べたことはないのですが、とってもおいしいとのこと。

P1020156.JPG

今通っている会社は、JR飯田橋駅と水道橋駅の中間の外堀通り沿いにあります。
だからマンションから歩いて行かれて、しかも15分程度。便利ですよー。
でもね、交通手段は徒歩しかないんです。電車は一駅でしかも駅と駅の中間、バスも通ってないから、ちょっと荷物があるとタクシーしか手段がありません。ワンメーターで行きますけどね。(東京のタクシーは初乗り710円。びっくりするほど高いです)
会社の窓から小石川後楽園の緑と東京ドームが見えます。
nice!(1)  コメント(2) 
前の10件 | - 帰国後のとまどい ブログトップ